代表より

 

はじめまして、宇宙就活実行委員会の代表を務めさせて頂く渡邊健太と申します。

 

私たち宇宙就活実行委員会は「働く場として宇宙を考える」をコンセプトに、イベントの企画・運営を行っている学生団体です。宇宙開発というと、ごく一部の企業によって行われている仕事であり、航空宇宙や天文学を専攻する限られた学生だけが就職できると思われがちです。しかし実際には「宇宙を志すすべての学生にチャンスがある」という事を知ってもらうため、弊団体は活動しています。

 

最近、日本でも宇宙に関するニュースが多いと思います。イプシロンロケットの打ち上げをはじめ、ロボット宇宙飛行士キロボのISSへの搭乗、そして若田光一さんが日本で初となるISSの船長に就任されたことはメディアでも大きく取り上げられました。

特に近年、日本はロケット開発の改革に力を入れているようです。例えば、先ほどのイプシロンロケットです。このロケットは、数人の管制員によるPC二台の操作で打ち上げが可能で、打ち上げ費用も従来の半分に抑えることができました。また、JAXAは三菱重工()と提携し、次世代ロケットであるH-Ⅲの開発を始めるそうです。これはH-ⅡAロケットの後継機となりますが、打ち上げ費の削減など、予算の削減が盛り込まれています。

 

世界全体での宇宙開発を見てみると、新たなビジネスに挑戦するベンチャー企業が目に止まります。遺骨を宇宙に打ち上げる「宇宙葬」という新しいサービスをご存知でしょうか。これは日本円で約20万円という低予算で「新しい形のお葬式」を提供するビジネスで、元NASAのエンジニアが創業したエリジウムスペース社らが行っています。以前から「宇宙で最期を迎える」というビジネスを提供する企業はありましたが、低コストで行うという点が従来と異なります。

このように宇宙業界全体としては、「より低コストで、より安全に利便性を提供しよう」という傾向があるように見られます。

 

宇宙での新たなビジネスが注目されている現在、「宇宙での仕事がより多様化」しており、その結果「様々な専攻の学生」が宇宙業界では必要とされていると思います。一見、宇宙開発というと「航空宇宙」や「天文学」を専攻する人が全て担当しているようにとらわれがちですが、現実には文系理系に関わらず、「全ての学生に宇宙への可能性がある」と、私は考えています。

 

したがって宇宙就活実行委員会は、「宇宙業界の全体像をとらえ、宇宙を仕事にすることを具体的に考える機会」を提供することを今回のコンセプトとして、参加者の学生が有意義な時間を過ごせるよう、イベントの企画を行っていきたいと考えています。

 

宇宙を志す皆さんとイベントでお会いできることを、実行委員一同楽しみにしておりますので、ご協力よろしくお願い致します。

 

宇宙就活実行委員会 代表

渡邊健太

 

宇宙就活Twitter

▼ 宇宙就活Facebook